分類付き m_sakumotsu, m_byochu 対応 tekiyo ビュー

このトピックの投稿一覧へ

なし 分類付き m_sakumotsu, m_byochu 対応 tekiyo ビュー

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010.12.03 01:52 | 最終変更
OhYeah!  管理人   投稿数: 989 オンライン
m_sakumotsu, m_byochu テーブルから m_tekiyo テーブルに idsaku, idbyochu フィールドを書き戻すのが速くなったのは、m_tekiyo テーブルをいじっていてインデックスを作り直したりしたのが最も大きな要因のようです。データ更新後に最終仕様版の m_sakumotsu, m_byochu を作成したら、やはりちょっと厳しいと感じるくらい遅くなりました
ってことで、やはり idsaku, idbyochu を m_tekiyo に書き戻すのは避けた方が良さそうです。

で、考えてみたら、作物タブ・病害虫タブ・薬剤タブともに、検索元は tekiyo ビューを使用しています。ということは、tekiyo ビューの idsaku, idbyochu を m_sakumotsu, m_byochu から参照するようにすれば、m_tekiyo に idsaku, idbyochu を書き戻す必要がなくなり、しかも現在の検索式のまま問題なく使用できます。
SQL タブで下記を実行すれば、新しい tekiyo ビューになり、最終仕様版の m_sakumotsu, m_byochu が使用可能になります。
これにともない、下記も idsaku, idbyochu の書き戻し部分を削除しました。
http://macs.o-ya.net/data/m_sakumotsu.php
http://macs.o-ya.net/data/m_byochu.qry

--/d
drop view if exists tekiyo;
create view tekiyo as select
bango, shurui, meisho, tsusho,
b.idsaku as idsaku, a.sakumotsu as sakumotsu, c.idbyochu as idbyochu, a.byochu as byochu,
mokuteki, jiki, baisu, ekiryo, hoho, basho, jikan, ondo, dojo, chitai, tekiyaku, kongo, kaisu,
seibun1, keito1, kaisu1, seibun2, keito2, kaisu2, seibun3, keito3, kaisu3, seibun4, keito4, kaisu4, seibun5, keito5, kaisu5,
yoto, koka, zaikei, ryakusho
from m_tekiyo as a left join m_kihon using(bango) left join m_sakumotsu as b using(sakumotsu) left join m_byochu as c using(byochu);
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ