TOP  >  仕事の日記  >  OhYeah!  >  携帯農薬検索実験室  >  IRACコードをv8.1準拠に更新

OhYeah! さんの日記

2016
5月 18
(水)
15:56
IRACコードをv8.1準拠に更新
本文
携帯農薬検索システム及び ACFinder の IRAC コードを、4月に公開された v8.1 準拠に更新しました。変更点は、次のとおりです。

(1) メインコード 9 の標的部位が明確になり、作用点を「弦音器官TRPVチャンネル調節」に変更
(2) (1)に伴いフロニカミドを 9C から新設 29 「弦音器官調節(標的部位不明)」に移動
(3) UN だったピリフルキナゾンを 9B に移動
(4) UN だったビフェナゼートを新設 20D に移動
(5) スルホキシミン(4C)、セミカルバゾン(22B)等、化学的系統分類名が新たに記載されたものは新系統名に変更

昨年あたりから、IRAC サイトの News に提案・変更の承認状況が掲載されなくなったため、新しい分類表に基づいて成分ごとに全てチェックする必要がありますが、まだそこまではできていないので、見落としがあるかもしれません。
農薬工業会の正式邦訳版がまだ出ていないので、(5) で修正した系統名は暫定名です。
閲覧(1937)

コメント一覧

OhYeah!  投稿日時 2016.05.31 15:40
v8.0 の農薬工業会翻訳版がでたので、IRAC コード表の最終チェックをしました。v8.1準拠版からの主な変更点は、下記のとおりです。

(1) 作用機構の「成長調節」を「生育調節」に修正
(2) 作用点の「電子伝達系ミトコンドリア複合体」を「ミトコンドリア電子伝達系複合体」に修正
(3) フッ化アルミニウムナトリウムを UN から 8C に移動

22B の「セミカルバゾン」は確定ですが、4C の Sulfoximines は農薬工業会翻訳版では修正されていなかったため(原本は v8.0 で修正されてますが)、より一般的と思われる「スルホキシイミン」にしました。
v8.0 と v8.1 の違いは、「トリフルピリム」を新設 4E に分類しただけのようです。当サイトの IRAC 分類表では、2014年11月の IRAC 合意の段階で追加してあった(4E の化学的系統分類名「メソイオン」も2015年3月に追加)ので、ここは特に変更していません。v8.0 を公開する遥か以前に合意されてたにも関わらず、v8.0 に記載し損ねたので、わずか4か月で v8.1 に更新されたということかなあ…。