TOP  >  仕事の日記  >  OhYeah!  >  携帯農薬検索実験室  >  MACS CSV 及び SQLiteDB 自動更新再開

OhYeah! さんの日記

2016
4月 5
(火)
09:23
MACS CSV 及び SQLiteDB 自動更新再開
本文
 FAMIC サーバの度重なる仕様変更で、3月16日更新分の農薬登録情報から携帯農薬検索実験室の CSV データ及び SQLite DB の自動更新ができなくなっていましたが、3月失効反映分から自動更新できるように修正しました。秋田分室近江分室のデータ更新も、近いうちに再開されると思います。

 FAMIC サーバの仕様変更への対応とあわせて、携帯農薬検索実験室本分室間でデータを同期するように修正しました。分室のデータ更新再開後は、中身は同じデータなのにサイトごとのデータ更新時刻が異なるということがなくなります。
 また、本分室のデータ同期に対応したことで、今までは FAMIC データの更新チェックを各サイトで平日日中2時間おきに5回(1日合計 5回x3サイト=15回)実施していましたが、3時間おき3回(1日合計 3回x3サイト=9回)のチェックに減らしました。代わりに、各サイトのチェックタイミングを1時間ずつずらしますので、実質1時間おきにデータ更新チェックすることになり、今までよりもデータ更新のタイムラグが短縮されます。
閲覧(1902)

コメント一覧