TOP  >  仕事の日記  >  OhYeah!  >  農薬

OhYeah! さんの日記

2010
9月 28
(火)
09:40
農薬の負の登録拡大にご注意を
カテゴリー  農薬
タグ  GLP 負の登録拡大
本文
 今年度は、スミチオン乳剤、トップジンM水和剤など、古くからあって特に適用作物が多い農薬で、
1. 総使用回数の削減(例:3回 → 2回)
2. 使用量の削減(例:6~9kg → 6kg)
3. 使用時期の前倒し(例:収穫前14日まで → 収穫前30日まで)
4. 適用作物の削減(例:とうがらし類→ししとう、たばこの削除)
などのいわゆる「負の登録拡大」が相次いでいます。
 今まで使えていた作物に使えないとか、今まで使えていた時期に使えないということがありますので、十分注意してください。

 これは、平成11年10月1日付け11農産第6283号農林水産省農産園芸局長通知「農薬の毒性に関する試験の適正実施について」が平成20年3月31日に「農薬の毒性及び残留性に関する試験の適正実施について」に改正され、平成20年4月1日以降に開始された試験については、毒性だけでなく残留性についても農薬 GLP 制度が適用されたことに起因すると思われます。
 負の登録拡大の理由を見ると、「登録維持に必要な追加の資料整備に経費と時間を要するため」が大部分を占めます。今年度登録更新の農薬は、前回更新時は残留性については農薬 GLP 制度適用外でしたが、今回は適用されます。適用対象作物が多い農薬では、全ての対象作物で GLP 準拠の残留試験を行えなかったたということなんでしょうね。
 なお、農薬 GLP 制度の詳細については、下記を参照してください。
http://www.acis.famic.go.jp/glp/index.htm

閲覧(6569)

コメント一覧